So-net無料ブログ作成
「STAP細胞」の論文問題で、理研の調査委員会が ブログトップ

理研 会見 不正 小保方 一人 理由 不明確 STAP細胞 論文問題 小保方晴子 [「STAP細胞」の論文問題で、理研の調査委員会が]

「STAP細胞」の論文問題で、理研の調査委員会が一部について不正を認定した件ですが、会見で調査委は、「不正行為は小保方さん一人で行った」と述べました。
小保方氏は会見に姿を見せず、不正を行った理由は明らかにされませんでした。

STAP細胞、小保方晴子さん博士号剥奪で研究費返還の「借金地獄」

-----以下、読売新聞 2014年04月01日12時04分 より引用-----
STAP不正「小保方さん一人で行った」…理研

 「第3の万能細胞」と世界の注目を集めた研究成果は、明らかな研究不正と結論付けられた。

 華々しい発表直後から多くの疑問が噴出した「STAP(スタップ)細胞」を巡り、理化学研究所の調査委員会が1日、公表した最終報告書。意図的な「改ざん」や「捏造(ねつぞう)」が見つかり、調査委は研究チームの小保方晴子ユニットリーダー(30)が単独で行ったと認定したが、小保方リーダー本人はこの日の記者会見に姿を見せず、科学界を揺るがす不正を行った理由は明らかにされなかった。

 理研内の専門家3人と外部の有識者3人の計6人全員が顔をそろえ、東京都内で午前10時半から始まった調査委員会の記者会見。大勢の報道陣を前に、石井俊輔委員長は「不正行為は小保方さん一人で行った」と述べ、あくまで小保方リーダーによる改ざんや捏造(ねつぞう)が今回の問題の背景にあるとの考えを示した。
-----以上、読売新聞 2014年04月01日12時04分 より引用-----

がんばれ~!理研 STAP細胞 小保方晴子!

「STAP細胞」の論文問題で、理研の調査委員会が ブログトップ



スポンサーリンク

xxxxx.jpg