So-net無料ブログ作成
てんちむ フルヌード 最近、妹のようすがちょっと ブログトップ

てんちむ フルヌード 最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが 橋本甜歌 ヘアヌード [てんちむ フルヌード 最近、妹のようすがちょっと]

「てんちむ」こと橋本甜歌さんが、映画で初フルヌードに挑戦しました。
最初にオファーを受けたとき、断る選択肢はなかったと本音を明かし、この若さで脱いでしまっていいのかという葛藤はあったが、迷いはなかったといいます。

5/17公開映画『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。」予告編

-----以下、モデルプレス 2014年05月04日00時00分 より引用-----
てんちむ、初フルヌードに抱く「不安」と「誇り」を語る「断る選択肢はなかった」 モデルプレスインタビュー

tenchimu.jpg
モデルプレスのインタビューに応じたてんちむ

松沢まり氏による累計75万部の人気コミックを実写映画化した「最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。」(5月17日、池袋シネマ・ロサほか全国公開)で、妹・美月役に抜擢された“てんちむ”こと橋本甜歌。かつてNHK教育番組「天才てれびくんMAX」のてれび戦士をつとめ、ギャル雑誌のカリスマモデルとしても人気を博した彼女が、自身初のオールヘアヌードで体当たりの演技を見せる。

一方で、今年3月に放送された「有吉反省会」(日本テレビ系)では「芸能界で一番ヒマ」という現在の生活ぶりを赤裸々告白し大きな話題に。20歳を迎え、人生のターニングポイントに立ったてんちむは今、何を思うのか?モデルプレスのインタビューで本音を語ってくれた。

【インタビュー前編】初フルヌード作品「一肌脱げたことが誇り」

― 今作は“初フルヌード”ということで公開前から大きな話題となっていますが、今の率直な心境をお聞かせください。

てんちむ:今は不安しかないですね。まだみなさんは映画を見ていないので、フルヌードという部分に対していろんな意見があると思うんですよ。けど実際、完成した作品を見た私からすると、本当にいやらしくなくて可愛らしい仕上がりなんです。楽しんで見ていただけると思います。

― “エロ可愛い”世界観は女性も楽しめそうですよね。

てんちむ:はい!どうしてもフルヌードの印象が強いと思うんですが、コメディタッチのストーリー性が面白いので、女性も楽しめると思います。

― あの“てんかりん”がフルヌードを…という部分で、反響も大きかったと思います。

てんちむ:そこは難しいんですよね。昔から応援してくれていた方々の中には、「脱いでしまうのか」と複雑な思いを抱く人も多いかもしれない。でも映画というひとつの作品に対して一肌脱げたことに誇りを持っています。

― 原作は元々ご存知でしたか?

てんちむ:漫画がすごく好きなので、原作は知っていました。でも自分がまさかその主演をやるなんて思わなかったですね。

― 人気コミックの実写化ということで、原作ファンからの注目度も大きいと思います。

てんちむ:プレッシャーは感じますね。アニメ化もされているので、キャラクターのイメージがもう出来上がってるじゃないですか。そのイメージと私が真逆なので、「なんでてんちむなの?」という意見もあると思うし、そこはしょうがないんですけど、個人的にはイメージを近づけるように極力頑張りました。あとは、二次元だからこそ成立するものもあると思っていて、それが三次元になったら生々しくなっちゃうんじゃないのかな?とか。でも原作やアニメを超える勢いで頑張った自信があるので、映画は映画として見てほしいっていう感じですね。

― オファーを受けた当時を振り返るといかがですか?

てんちむ:フルヌードというのは聞いてたんですけど、まさかこんなに長時間だとは思っていなくて(笑)。絡みのシーンもそんなに多くないと思っていたんですよ。でも最初オファーを受けたときは、断る選択肢はなかった。それに、元々姉御肌な自分が妹役を演じることへの葛藤が大きくてフルヌードのことは二の次って感じでしたね。

― 出演を決意するまでに葛藤はなかったんですね。

てんちむ:オファーをいただいたので、単純に断ったらもったいないっていう気持ちも大きかったです(笑)。正直、当時19歳だったので「この若さで脱いでしまっていいのか?早くないか?」みたいなことは考えましたけど。でもそれは映画をやるにあたって必要なことだったし、そこに対しての迷いはなかったですね。ただ「ダイエットはがんばろう」と思いました!

― ダイエットは具体的にどのようなことをしたんですか?

てんちむ:すっごいストイックでしたね。最初の1ヶ月で3キロ落として、結局-5キロをキープしていた感じ。ホットスタジオでひたすら運動していました。食事も夜ご飯の代わりにささみを食べてタンパク質を摂ったり、味噌汁しか食べない日もありました。

― すごいですね!プロ意識が感じられます。

てんちむ:リバウンドは撮影が終わった後にしました(笑)。

◆女同士の絡み「あんなことも、こんなことも…」

― てんちむさんご自身は弟さんがいらっしゃるということで、妹役というのも新鮮だったのではないでしょうか。

てんちむ:妹キャラなんて考えられなかったですね。私、姉属性なので難しかったです。理想の妹を研究したり、漫画を読み込んで「この子はいったいどういう子なんだろう」と考えました。

― そのほか、役作りの上で意識したことは?

てんちむ:一番最初に美月がどういうキャラクターなのかっていうのを話し合った時に、私は原作を読んでツンデレなイメージだったんですけど、監督が「ツンデレではなくて暗いイメージ」とおっしゃっていて、すれ違ったんですよ。なので最初は役を固めるのも結構大変でしたね。そのへんは本番に入ったら徐々に馴染んできたという感じです。

― 役柄に共感できる部分はありましたか?

てんちむ:暗い部分は共感できます(笑)。私、小さいころから独り言が多いんですよ。家でボーッとしてても、ブツブツブツブツめっちゃ話してるんですけど…ヤバイですよね?!(笑)

― 今回はフルヌードでの絡みシーンも多いということで、現場ではどのように気持ちを作っていきましたか?

てんちむ:大胆なシーンはやっぱり疲れましたね。男の人もたくさんいる中で裸になるなんてめったにないじゃないですか。でもいざ本番が始まったら、自然と「やるしかない」という気持ちに切り替わるんです。芝居に入り込んでいました。

― 今回は“幽霊少女”日和役の繭(まゆ)さんとの絡みも見どころですよね。女性同士というのもまた独特だと思うのですが。

てんちむ:相手が繭ちゃんでよかったと思うくらい、すごく私の気持ちをわかってくれました。やりやすかったです。

― 絡みのシーンに関して、お2人で話し合ったことはありましたか?

てんちむ:演技の指導は基本的に監督から受けていたので、「あんなこともするの?こんなこともするの?」っていう感じの会話はしましたね。

― 監督からはどんなアドバイスがありましたか?

てんちむ:表情や、全身のしぐさですね。手足の先まで神経を行き渡らせるのが難しいんですよ。相手が女の子なので、さらに難しく感じました。

◆思わぬハプニングも続出「本番中に寝ちゃった」

― 撮影の合間はどのように過ごされていましたか?

てんちむ:撮影が2週間で撮りきるスケジュールですごくハードだったんですが、私ゲームが大好きで、ちょうど「モンハン」が発売された時期だったんですよ。だからゲームと撮影の両立で、全然寝られてなくて(笑)。休憩の時は寝てましたね。旅館で撮影をした時も、共演者のみなさんは夜お酒を飲んでいたりしたんですけど、私は当時未成年だったので1人で部屋に戻ってずっとゲームしてました(笑)。

― 撮影中、ハプニングなどはありましたか?

てんちむ:メイキングのカメラがずっと回っていたので、自分が忘れているようなハプニングが結構入っているかも。本番中に寝たとか。

― えっ?! 本番中に寝てしまったんですか?

てんちむ:絡みの本番中に眠くて寝ちゃって(笑)。そんなハプニングもありましたね。

― てんちむさんの寝顔もメイキングの見どころとなりそうですね(笑)。今作からお気に入りのシーンを選ぶとしたら?

てんちむ:憑依されるシーンは二面性を演じられて楽しかったですね。表情はもちろん、性格も変わってくるから、そこに注目して見てもらえたらいいなと思います。

― 今回は主題歌「HOW’S IT GOING?」もてんちむさんが歌われて、まさに“てんちむづくし”の作品になりましたね。音楽と映画のコラボレーションはいかがですか?

てんちむ:感動しました。主題歌が加わったことによって、オシャレ度が一気に増したんです。かわいい感じの曲でお気に入りです。音楽プロデューサーのtofubeats さんは、原作と台本を読んで曲を書き下ろしてくれたんです。両方の世界観を取り入れながら、みんなが共感できるような歌詞に仕上がっていたので本当にすごいなと思いました。

― それでは、今作を楽しみにしている方々にメッセージをお願いします。

てんちむ:原作のファンの方々はもちろん、こういうエロティックな青春映画が好きな方に、先入観なく劇場に観に来てほしいです。物語自体が家族や友情、愛情を描いているので、幅広い方々に共感していただけると思います!

▼インタビュー後編では、「有吉反省会」で語った“隠居生活”の真相や今後の活動について迫る。(モデルプレス)

▼インタビュー後編はこちら
http://mdpr.jp/interview/1358038

■映画「最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。」(5月17日、池袋シネマ・ロサほか全国公開)【R-15】
出演:橋本甜歌、小林ユウキチ、繭、矢野未夏、青山裕企、井上肇、葉山レイコ
原作:松沢まり(株式会社KADOKAWA 富士見書房刊)
監督:青山裕企、伊基公袁
脚本:伊基公袁、港岳彦
音楽:ハジメタル
主題歌:神前美月「HOW’S IT GOING?」(SPACE SHOWER MUSIC)
配給:KADOKAWA
(C)2014「最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。」製作委員会

<ストーリー>
両親の再婚で義理の兄妹になった夕哉(小林ユウキチ)と美月(てんちむ)の二人。美月は、母親が再婚を繰り返していたことから、誰かと家族になることを諦めており、夕哉とも打ち解けられず居心地の悪い日々を過ごしていた。そんなある日、突然<自称幽霊>の少女・寿日和(繭)が現れ、「夕哉に恋をしており、実らないまま死んでしまったことで成仏出来ずにいる」という。日和を成仏させるための条件は夕哉とラブラブすること!なんと美月の下半身には脱げない下着、「貞操帯(T・S・T)」が着けられてしまっていた。T・S・Tについているハートのゲージは“Hな”満足度によって変動、満タンになると時の狭間にある天国までの階段に変化し、逆にゲージが低下すると付けている人間まで死んでしまう。つまり、夕哉と恋愛してHな気分を溜めていかないと…美月は死んでしまうのだ!様々なシチュエーションで幽霊に体を乗っ取られてはエッチなハプニングに見舞われて…“妹”美月の運命はどうなる!?

■橋本甜歌(はしもとてんか)プロフィール
1993年11月19日 生まれ。6歳より芸能活動を開始し、NHK教育番組「天才てれびくんMAX」(2004~2006)のてれび戦士としてレギュラー出演。TBS系ドラマ「こどもの事情」(2007)では準主役を熱演し、話題の子役となる。その後一時休業を経て、「Nicky」「Popteen」「Ranzuki」をはじめとするギャル雑誌のカリスマ読者モデルとして活躍。2010年10月8日には、清純派アイドルからギャルのカリスマになるまでをつづったリアル中学生日記「中学生失格」を発表、発売1ヶ月で10万部を突破した。2012年にはNOTTV開局記念ドラマ「シニカレ」に出演。現在は“脱ギャル”を宣言し、清純派な容姿で子役時代から培った経験や持ち前のキャラクターでバラエティ番組等に出演している。
-----以上、モデルプレス 2014年05月04日00時00分 より引用-----

がんばれ~!てんちむ 最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが 橋本甜歌!

てんちむ フルヌード 最近、妹のようすがちょっと ブログトップ



スポンサーリンク

xxxxx.jpg