So-net無料ブログ作成
大島優子 紙の月 宮沢りえ 絶賛 映画出演 梨花 ブログトップ

大島優子 紙の月 宮沢りえ 絶賛 映画出演 梨花 [大島優子 紙の月 宮沢りえ 絶賛 映画出演 梨花]

大島優子さんが、宮沢りえさん主演の映画「紙の月」に出演します。
大島さんは、宮沢さん演じる梨花が務める銀行の窓口という役どころで、宮沢さんは大島さんを「色んな顔をもっているし、堂々とされているので頼もしい」と絶賛しました。

AKB48 大島優子 ソロで熱唱 ファン6000人興奮 ZIP! 2014 03 24

-----以下、モデルプレス 2014年03月24日05時00分 より引用-----
大島優子、AKB48卒業後初の映画出演が决定

ooshima_yuuko.jpg
大島優子(右)、AKB48卒業後初出演の映画は宮沢りえ(左)主演「紙の月」

AKB48の大島優子が、同グループ卒業後に出演する初の映画が決定した。

◆宮沢りえ主演映画に出演

今年の6月2日にAKB48を卒業する大島は、2015年公開予定の宮沢りえが主演を務める映画「紙の月」に出演。角田光代のベストセラー小説の映画化となる同作は、「桐島、部活やめるってよ」の吉田大八監督がメガホンを取る。大島は、宮沢演じる梨花が契約社員として務める、銀行の窓口という役どころ。先輩や上司に小林聡美や近藤芳正ら名だたる俳優陣が名を連ねる。

◆大島、撮影を振り返る

3月末にオールアップを迎えるという大島は、撮影を振り返り、「これほどまでに繊細な現場は初めてでした。登場人物の心情が複雑に描かれていく中で、その歯車の一つとして、自分に与えられた役をどう演じるか考えることがとても面白かったです」と噛みしめるように語る。「吉田監督のきめ細やかな指示は、自然体でリアルなキャラクターを作って下さいました。もっと長い時間、監督のもとで学ばせていただきたかったです!」と女優としての意欲も見せた。

共演した宮沢については、「絹のような繊細さと強く美しい輝きを併せ持つ素敵な女性で、完全に魅了されてしまいました。今回ご一緒できたことをとても嬉しく思っています」とコメント。さらに、小林に対しては「とても柔らかい雰囲気の方で、緊張していた私に気さくに話かけて下さいました。けれど、お芝居になると隅さんが持つ厳しさや壁のようなものを感じ、色々な表情を持つ小林さんに引き込まれてしまいました。私は小林さんが出演された『かもめ食堂』が大好きなので、ご一緒できたことが嬉しかったです」と感想を述べた。

◆宮沢、吉田監督から見た大島優子

同作の舞台は、バブル崩壊直後の1994年。宮沢演じる梨花が、年下の大学生と不倫し、顧客のお金に手を付けて次第に横領がエスカレートしていくという物語。大島は、仕事に無頓着で欲するままに生きる天真爛漫な役柄で、梨花の転落を加速させるという役どころに挑む。

宮沢は、大島の印象を「今をときめくAKBのメンバーの方ですけど、とても古風な瞬間と、キラキラしている瞬間があって、素敵です。色んな顔をもっているし、堂々とされているので、若いのに頼もしいなと感じています」と絶賛。

吉田監督からは、「現実にしっかり根を下ろした存在感と、捕まえようとしても上手くつかめない浮遊感を併せ持つ人という印象」という評価。「宮沢りえと小林聡美、この二人に挟まれて一歩も退かず堂々と相川を演じ切った大島さんは、だてに日本で一番大きなエネルギーの渦の中心にいる人じゃないなと改めて感じた」と大島の真髄に感嘆の声をあげた。(モデルプレス)
-----以上、モデルプレス 2014年03月24日05時00分 より引用-----

がんばれ~!大島優子 紙の月 宮沢りえ!

大島優子 紙の月 宮沢りえ 絶賛 映画出演 梨花 ブログトップ



スポンサーリンク

xxxxx.jpg