So-net無料ブログ作成
AKB大島 うつ病 健康診断「大島優子」 原因 ブログトップ

AKB大島 うつ病 健康診断「大島優子」 原因 木村拓哉 AKB大島うつ病 [AKB大島 うつ病 健康診断「大島優子」 原因]

AKB大島に「うつ病」説が高まっています。
AKB48の大島優子さんのメンタルを心配する声が、ファンを中心に高まっているそうです。
大島優子さんは5日に公演を欠席、ファンからは「目に力がなかった」などの声が相次いでいます。
「表情に力がなく、うつ病を疑う声も少なくない」と関係者が語っています。

健康診断 「大島優子」

-----以下、日刊サイゾー 2013年12月17日09時30分 より引用-----
「目が死んでる」「メンタルやばそう」AKB48・大島優子に高まる“うつ病”説

ooshima_yuuko.jpg
うつ病説がささやかれる大島優子。

 AKB48の“チームK”キャプテンを務める大島優子のメンタルを心配する声が、ファンを中心に高まっている。

「最近の大島さんは、明らかに以前の覇気が感じられない。表情に力がなく、“うつ病”を疑う声も少なくありません」(芸能記者)

 大島は、今月5日に体調不良で劇場公演を欠席。その後、ファンとの握手会に出席したが、大島と接したファンからは、「精神的にヤバそうな顔してた」「目に力がなかった」「無理してるように見えた」という声が相次いだ。

 また、先月28日にAKBが出演した「日・ASEAN音楽祭」の模様が15日にNHKで放送されると、視聴者から「優子の目が完全に死んでる」「顔つきが変わった」という声が噴出。異変を感じた人は多かったようだ。

「大島さんは、グループ過渡期のプレッシャーからの反動や、根を詰めていた『安堂ロイド』(TBS系)の撮影が終了し、抜け殻のようになってしまったように見えます。大島さんは、テレビで『4年前くらいからずっと卒業を考えてる』と明かすほど、いろいろ考えつめるタイプ。さらに今年は、チームKから秋元才加、板野友美、宮澤佐江と、頼れるメンバーが次々と抜け、彼女にのしかかる負担は増大。そんな中、戸賀崎智信総支配人の“脱法ハーブ”報道をはじめスキャンダルも相次ぎ、不安ばかりの日々に疲れてしまったのかも」(同)

 15日に最終回を迎えた『安堂ロイド』で、“両親殺し”の過去を持つ多重人格者という難役を演じ終えたばかりの大島。連ドラの厳しいスケジュールから解放され、元気を取り戻してくれればいいが。
-----以上、日刊サイゾー 2013年12月17日09時30分 より引用-----

がんばれ~!AKB大島 うつ病 克服 大島裕子!



【うつ病改善プログラム~薬も心理療法もやめられた画期的な治療法~】
今から、あなたを苦しめているうつ病や精神疾患を根本的に改善して、
二度と再発させない画期的な改善法についてお話をします。

この方法を実践すれば、元通りの元気な頃の生活を取り戻して、
充実した毎日を送ることができるようになります。

薬や心理療法をやめられた方もたくさんいらっしゃいます。

さらに、この方法は、自宅で簡単に実践することができる方法なので、
誰でも気軽に始めることが可能です。

私たちは、この方法で、必ずあなたを
うつ病や精神疾患から助けることができると確信しています。

ですので、焦らずにゆっくりこの先をお読みください。

それでは、まずは、この方法で“普通の生活”を取り戻した、
松谷さんのお話をお聞きください。



いかがでしたか?

インタビューにご協力を頂いた松谷さんも、
少し前は、あなたと同じようにうつ病で悩み苦しんでいました。

でも、今回、あなたにお伝えする方法を実践しただけで、
うつ病を根本的に改善することができました。

松谷さんだけではなく、今までに少なくとも1,000人以上の人が、
この方法を実践してうつ病やさまざまな精神疾患を改善しています。

今から、その画期的な改善法について詳しくお話します。

 ■ 毎日が憂うつで何もやる気が起こらない
 ■ すぐに自分を責めてしまう
 ■ 出来事をすべてネガティブにとらえてしまう
 ■ 夜は眠れないし朝は起きられない、逆に寝すぎてしまうこともある
 ■ 歯磨きや入浴など日常の簡単なこともできない
 ■ 拒食症・過食症やパニック障害などにも悩んでいる
 ■ 頭がボーとして重たく、思考力、判断力、集中力が低下している
 ■ 薬を飲んでも一向にうつが良くならない
 ■ それどころか、薬の量がどんどん増えていく
 ■ いろいろな心理療法を試したけど、全く改善しない
 ■ カウンセリングに通えば通うほど自信を失くしてうつが悪化する
 ■ なぜうつになるのか?どうして良くならないのか?
 ■ いつもそればかり考えている
 ■ 家族にも誰にも話を聞いてもらえないし、理解してもらえない
 ■ 世間で何が起きているのか分からないし、興味も持てない
 ■ 人と会ったりコミュニケーションをとるのが億劫でしょうがない
 ■ このまま一生うつが治らないんじゃないかとものすごく不安になる
 ■ ふと死にたくなることがある
 ■ また再発するんじゃないかと心配になる

もしあなたが、例え、上記の項目の複数に当てはまっていたとしても、
どうか心配しないでください。

上記の症状は、うつ病などの精神疾患がさせていることです。
悪いのは病気であって、決してあなたが悪いわけではありません。

病気が良くなれば、上記の症状はすべてきれいに解消されますし、
その方法は、今からこのページで順番にお伝えしていきます。

きっとあなたは今、
「どうにかして、うつ病や精神病を治したい。」
「なんとかして、この苦しみから逃れたい。」
「早く元気になって、元通りの普通の生活をしたい。」
「もう二度とうつ病や精神病になりたくない。」
という強いお気持ちで、このページをお読み頂いていると思います。

そして、それと同時に、
「でも、一体どうすれば、良くなるのか分からない。」
「何をしても、うつから抜けられない。」
「どうして良くならないんだろう…」
「何がいけないんだろう…」
「もしかしたら、もう治らないんじゃないか…」
と悩み苦しんで毎日を過ごしていると思います。

でも、どうかご安心ください。
私たちは、あなたのその気持ちを十分理解しています。
そして、私たちは、あなたがもうこれ以上うつ病や精神疾患のことで、
悩んだり苦しんだりすることなく、根本的に病気を治して、
普通の生活を送れるようになる方法を知っています。
私たちは、あなたの味方です。
どうか希望を持ってください。

詳しくは、こちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓




AKB大島 うつ病 健康診断「大島優子」 原因 ブログトップ



スポンサーリンク

xxxxx.jpg