So-net無料ブログ作成
長谷川穂積 亀田大毅 防衛 不快感 負け 王者の ブログトップ

長谷川穂積 亀田大毅 防衛 不快感 負け 王者のまま 戦う必要ない スポーツじゃない [長谷川穂積 亀田大毅 防衛 不快感 負け 王者の]

長谷川穂積さん、大毅の防衛に不快感を表しています。
亀田大毅がソリスに1-2の判定で敗れながら王座にとどまったのを受けて、
長谷川穂積さんが4日、IBFの不可解な決定にブログで異議を唱えました。
「負けても王者のままって、戦う必要ないし、スポーツでもなんでもない」と綴っています。

長谷川×カマルゴ 2013.8.12

-----以下、デイリースポーツ 2013年12月04日10時49分 より引用-----
長谷川穂積、大毅の防衛に異議あり「スポーツでもなんでもない」

hasegawa_hozumi.jpg
亀田大毅の初防衛に苦言を呈した元世界2階級王者の長谷川穂積

 3日に行われたWBA・IBF世界スーパーフライ級王座統一戦で、IBF王者の亀田大毅(24)=亀田=が、計量失敗でWBAに王座を剥奪されたリボリオ・ソリス(31)=ベネズエラ=に1‐2の判定で敗れながら王座にとどまったIBFの不可解な決定に、元世界2階級王者の長谷川穂積が4日、公式ブログで異議を唱えた。

 長谷川は「昨日の亀田の試合見てないけど、IBFの負けてもチャンピオンのままっていうのは、それなら戦う必要ないし、そもそも勝ち負けないならスポーツでもなんでもなくなってるんじゃないかと思う」と、不審をそのまま書き込んだ。

 バンタム級で5年間世界王座に君臨し、その間10度の防衛に成功した経歴を持つ長谷川だけに、チャンピオンベルトの重みは誰よりも知っているのだろう。

 「日本ボクシングコミッションよ、正しき道に導いてくれ」とJBCによる裁定を求めた。

 3日の試合は大毅が1-2の判定でソリスに敗れたが、前日、大毅が負けた場合は両王座が空位となると公言していたIBF立会人は試合後、見解を翻し、IBFルールに基づいて大毅は王座にとどまると説明した。

 大毅をはじめとした亀田陣営は何らコメントすることなく会場を立ち去った。
-----以上、デイリースポーツ 2013年12月04日10時49分 より引用-----

がんばれ~!長谷川穂積!


長谷川穂積 亀田大毅 防衛 不快感 負け 王者の ブログトップ



スポンサーリンク

xxxxx.jpg