So-net無料ブログ作成
美保純 TV業界 制作費横領 暴露 金銭事情 ブログトップ

美保純 TV業界 制作費横領 暴露 金銭事情 制作会社 キャスト側 整形 [美保純 TV業界 制作費横領 暴露 金銭事情]


美保純さんが27日放送「5時に夢中!」で、自身の体験から制作費の流用を証言しました。
プロデューサーに「キックバック」を要求された経験を明かし、制作会社やキャスト側は限られたお金しかないと、現場の苦境を訴えていました。

-----以下、トピックニュース 2013年11月29日13時13分 より引用-----
美保純、テレビ局プロデューサーの「制作費横領」事情を証言

miho_jun.jpg
美保 純

テレビ朝日は20日、番組制作費約1億4,000万円を私的に流用したとして、編成制作局の45歳男性社員を懲戒解雇したと発表した。元社員はプロデューサーとして、「ミュージックステーション」などを担当していたとも報じられている。同局によると元社員は、10年に渡って外部の制作会社に架空計上させるなどの方法で、差額を着服していたという。こういった、いわゆる「キックバック」で横領した金は、旅行費用や服飾品の購入などに充てていたという。

テレビ局のプロデューサーによる私的な制作費流用は、この事件に限ったことだけではないようだ。女優の美保純は、27日放送のTOKYO MXの情報番組「5時に夢中!」で、自身の体験から制作費の流用を証言している。

「5時に夢中!」では、「テレビ界 キックバックの裏事情」と題したスポーツ紙の記事を紹介。MCのふかわりょうが「これまでに、こういった人だったり…聞いたことありますか?」と尋ねると、美保は「ギャラから『お祝い金』として、プロデューサーに、なんて言うの…のしをつけてみたいな。言われましたね」と答え、自身も「キックバック」を要求された経験を明かした。美保によれば、初プロデュースの記念に「キックバック」を行なうのは慣例だったようで、プロデューサーの部下らしき人物に「みんなそうしてますよ、役者陣は」と促されたという。

美保は「ここまで、1億(円)とかはないと思うんで」と語り、自身の経験がテレビ朝日の事件ほどの大規模なものではないとしながらも、「ほんとに今、懐モノはやめて欲しい時期なんですよね」と事件に不快感を示した。

「制作費が少なくなってるわけですよ、ドラマとか」「キツキツでやってる」「弁当がクソまずいときがあるわけ」などと、現場の苦境を訴える美保。制作会社やキャスト側は限られたお金でやりくりしているにも関わらず、プロデューサーの懐が暖かくなるのはたまったものではないようだ。

また、ゲストコメンテーターとして出演したタレントの川合俊一は「たまにありますよね。大きく『キックバック』してる制作会社とかね」「昔はよくあった話って、聞いてるんですけど」と、自身の経験を明かした。「自分の給料とかじゃ、あんな飲めないなっていうぐらい、昔は」などと当時を振り返り、プロデューサーの豪遊が「キックバック」によるものだったのではないかと推測している。

しかし川合によれば、そういった制作費の私的流用も少なくなっているようだ。「最近のテレビのプロデューサーの人とか、あんまり豪遊しないじゃないですか」「(テレビ)局のプロデューサーの人と行くと、一軒目は(プロデューサーが)払うんだけど、二軒目は(支払いが)俺なんですよ」などとエピソードを明かし、現在の不景気ぶりを嘆いた。使い道や金額の違いはあっても、「キックバック」のような形で不明瞭にプロデューサーが金銭を得る慣例は、確かに存在したようだ。
-----以上、トピックニュース 2013年11月29日13時13分 より引用-----

がんばれ~!美保純!


美保純 TV業界 制作費横領 暴露 金銭事情 ブログトップ



スポンサーリンク

xxxxx.jpg